MENU

離婚調停中または離婚後に復縁できた5個の方法を紹介!夫婦で復縁するためのコツも!

離婚調停中または離婚後に復縁できた人からリアルな体験談を聞きました。

どのように夫婦で関係修復して復縁できたのか、夫婦での復縁するためのコツを紹介しています。

  • 離婚後でも復縁できる方法が知りたい
  • 関係修復するための過程やコツは?
  • 夫婦で復縁するための成功体験談を知りたい!

この記事では、一度壊れた夫婦関係をどのようにしたら復縁できるか、夫婦で復縁するためのコツなど、リアルな体験談を紹介していますので、当サイト:シュガスパが調査した夫婦の危機を乗り越えるための復縁方法や復縁のコツまで、リアルな生の声をご覧下さい!

\人に相談できない・解決できない悩みを持つあなたへ/

目次

離婚調停中または離婚後に復縁できた方法や成功体験談

離婚調停中または離婚後に復縁できた方法や成功体験談を紹介していきます。

離婚後からでも復縁できた方法やコツを、ぜひチェックしてみて下さい。

1.結婚して半年で離婚したが、9か月後に復縁しました!

結婚適齢期になると、焦って結婚したくなるが、本当にお互いが結婚したもいいと思った状況にならないと上手くいきません!

自分達の例ですと、男の僕が結婚を早く望んでいたのですが、相手もそのつもりではいたが、いざ結婚すると気持ちが追い付かなかったり周りの期待などそういう事が重なって嫌になる事もあります、

相手からやっぱり離婚したいと言われ嫌でしたが、説得できず離婚しましたが、離れてみて、わかる部分、相手の良さなどもわかったみたいで9か月後には復縁いたしました。

僕も別れている間他の人とお付き合いをしましたが、やはりすぐ別れました!

僕が他の人と付き合ったのも、ヤキモチとなり復縁したい理由の一つになったと思います!

当たり前にいると相手の良さ、感謝など感じられなくなってしまう事が良くないんですね!

離婚した状況にもよりますが、自分が望んでしてないのであれば、きっぱり連絡を断つのではなく、月に何度かは相手の状況を心配して

連絡を取るなど、復縁を望むなら、連絡はけっして断たないようにしたほうがいいです!
自分が寂しくて辛くても、相手も辛いと思ってあげて、わかってあげる事が大事だと思います!”

2.どーして、離婚を白紙にするの?

妻は離婚を望んだが、私は離婚を望んでいない、最悪、離婚をしたとしても子供と離れて暮らすことは出来ないため、親権をどちらが持つかで揉めていた。

親権は子育てに関わる権利義務、夫婦どちらが子供を育てるのに相応しいのかを判断されるため、離婚をしても子供と一緒に暮らすことを望んでいた私は両親に協力してもらった。

私の子供は、私の両親にとってはカワイイ孫、孫を手放したくない両親は妻より経済力があることをアピールするために、両親は私も知らされていなかった資産をオープンにしてくれた。

オープンされた両親の資産は、多額な現金以外に多額な債権やマンション2棟もあり、総額にすると〇〇円ほど。

両親に多額な資産があることを知った私は、自分の離婚や子供の親権問題はどーでも良くなってしまったのだが、離婚で揉めていた妻は違った。

私の両親に多額な資産があることが分かると、妻は離婚を白紙にすると言い出した。

「どーして、離婚を白紙にするの?」とは誰も思わない、なぜなら、私の妻は人一倍、お金に執着心があることを知っているから。

もし、両親の財産を私が相続することになれば妻も財産家になる、しかし、離婚をして他人になれば、そのチャンスを逃すことになる。

離婚で揉めていた時は別々に暮らしていたが、現在の私達夫婦は両親と一緒に仲良く(表面上)暮らしている。

3.私たちは親子3人で仲良く暮らしています。

付き合って3年後結婚した私たち。彼の家は金持ちでした。

でも、いわゆる成金。義母は自分の家が金持ちで私の実家が貧乏だから財産目当てじゃないかという理由ではじめから結婚に反対していました。

けれど、私の家は普通のサラリーマンでしたが、兄弟も私学の大学まできちんと出してくれた一般的な家庭でした。

彼は好きでしたが、義母とうまくやれる自信はありませんでしたから結婚に迷いがあったんです。でも、妊娠をしたことがきっかけで、急に義母が結婚を認めてくれたんです。

実は彼には兄がいますが、子供が生まれず義母はどうしても後継が欲しかったんです。

妊娠中も義母があれこれ指図して大変でしたが、無事男の子を出産しました。

すると、義母が孫を義実家で預かるのであなたは実家で静養するよう薦めてきたんです。

うちの実家にも、お世話代金やお米、お肉などを送りつけてきて私の体を案じるような連絡がきて、両親を説得したんです。

確かに産後の体調が良くなかったのでお言葉に甘えました。

1週間ほど経って迎えに行こうと夫に連絡をしたんですが、歯切れが悪く不信感を持ったんです。

それから何度も連絡をするも繋がらなかったりしたため体調が悪いのをおして義実家に行くと、インターフォン越しに会うのを断られ私は気が動転して倒れ、病院に運ばれてしまいました。

その後、夫に連絡するも無視され、しまいには弁護士を通じて離婚届が渡されたんです。

意味がわからないまま一年が過ぎ、義母の陰謀で子供だけとられ離婚調停に突入しました。

子供には会えず気がおかしくなりそうなのを必死に堪え戦う事にしたある日、夫がうちの前に立っていたんです。

怒りが爆発し持ってたバッグでめちゃくちゃに叩きました。

両親が出てきて止めに入り、夫をののしり追い返しました。

それからも何度も何度もやってきて謝りたいと玄関で土下座までする夫。

しまいには警察まできて、接見禁止となったんです。それでも、しつこく手紙がきたり、知人づてに自分の気持ちを伝えてきました。

義母から私に連絡をすると生活できなくすると脅され、現在義父の会社で働いているためびびってしまって言いなりになってたとの事でした。

なんとも情け無い男でしたが、昔から義母の天下だったため、誰も刃向かえない家庭だったんです。

私たちの息子が自分のような情け無い男にならないために、義母と縁を切り私とやり直したいと何度も言ってきて、そのために新しい仕事を見つけたと言うのです。

しかも、他府県で。住まいも契約しており準備は整えていました。

もともと嫌いで別れたわけではなく、私の気持ちは徐々に傾きました。

もちろん、うちの両親は大反対。あの義母が黙っているはずはありません。

でも、数ヶ月間何度も謝り、新しく頑張ろうとしてる彼を突き放せませんでした。

そして、我が子を連れ出し家を出て私と一緒に他府県に逃げ出しました。

義母は怒り狂い、うちの実家で暴れましたが、両親は私たちの居場所は話しませんでした。

結局、初めて義父が義母に鉄拳を下し、義母は大人しくなった様です。

それから5年、私たちは親子3人で仲良く暮らしています。

彼は義実家には連絡はとっていません。

うちの両親から、彼の兄に子供ができたらしく、義母はそっちにかかりっきりだと知り合いから聞いたそうです。

彼は自分の家族と縁を一切断ち切って新しい家庭を築いています。

4.クリスマスの日、彼からプロポーズされました。

5年くらい付き合っていた彼がいました。

私は関西、彼は四国に住んでいて長い間遠距離恋愛をしていましたが、お互い仕事がうまくいっていたので結婚も少しは考えていましたが、なかなか話が進みませんでした。

仕事が休みの日に彼の住む四国に行くことはありましたが、関西の便利さやお店の充実さ、友達がたくさんいることを考えると四国の彼のところに嫁ぐのはあまり気が進みませんでした。

クリスマスの日、彼からプロポーズされました。

そろそろ結婚しようと。

仕事のことも関西を離れたくないことも、彼にははっきり話していませんでしたが、彼の人柄、性格、経済力などを考えると結婚してもいいのかなと何となく思い、結婚を承諾しました。

家族だけで結婚式を済ませ、婚姻届けも提出し、仕事の区切りをつけてから辞めて四国に引っ越しをしようと考えていました。

しかし、どうしてもどうしても住み心地の良い関西を離れて四国に引っ越すことが現実とは思えません。本当に本当に悩みました。

友達に相談したところ、同居を始めてからはもう取り返しがつかないと言われ、思い切ってやっぱり結婚はやめたい、離婚でいいか?と切り出しました。

彼は当然反対しましたが、もう私の気持ちは決まっているので連絡を取らず離婚届けを郵送して離婚の手続きをしました。

1年たってから、彼が突然家にやってきました。再度婚約指輪を買いなおしてくれて、もう一度やり直したいというのです。

私は四国に行くのが不安なことを打ち明けました。

その時、彼から出た言葉は「関西に転勤になった」というのです。一緒に関西に住めるのなら不安もない、でも一度離婚届けを出して裏切ったのに、指輪までプレゼントしてもらって、本当にいいのか何度も確認しましたが、彼は必ず幸せにすると言ってくれたのです。

そこで再度婚姻届けを出して、結婚しました。

彼が1年もの間、私のことを思い続けていてくれたと思うと、彼には一生頭が上がらないし、彼のために尽くそうという気持ちは日々続いています。

5.現在、離婚調停中の私が赤裸々に語ります。

現在、離婚調停中の私が離婚に至るまでの経緯を赤裸々に綴っていこうと思います。

2015年に入籍をし、後に二人の子供を授かりました。

パートナーは自営で酪農業を営む家庭の三姉妹の長女で、家業を継ぐ事を条件に結婚に至りました。

パートナーの実家に婿として家族の一員になったものの、養子縁組などの話はなく将来にいささか不安がありました。

パートナーは結婚当初から夫婦生活を営むという意識に乏しく、実家・実親に甘えていました。

日常生活の中で積み重ねてきたストレスにより体調不良により2度の入院を経験しました。

2021年、家庭環境と積み重ねてきた夫婦間のトラブルにより私がストレス性顔面筋緊張症、消化器自律神経失調症を発症し、これ以上夫婦関係を続けていく事が困難と判断し別居・離婚を決意しました。

相手は私の考えには否定的で離婚一辺倒の考え、私の健康状態の事もあり協議離婚の話し合いは困難でした。

知識のない私は「弁護士に頼まなければ」そんな思いでいました。

調べていく中で【法テラス】の存在や、【調停離婚】の方法を知り初めから弁護士に頼まなくても離婚に対して話し合いを進められることを知りました。

もちろん初めから弁護士に依頼をすれば費用はかかりますが円滑に話を勧めて頂けると思います。

【調停離婚】の申し立てを進めるにあたって私は管轄の裁判所に相談に行き、必要書類を提出しました。

1週間ほどして裁判所から記述通知書として担当の書記官、第一回目の期日の通知が送られてきました。

申立書を提出してから約1ヶ月後に1回目の期日が設けられるようです。

現在、第1回目の調停に向けて、親権者や養育費、財産分与等、陳述書などの必要書類を作成中です。

夫婦で復縁するためのコツや方法、成功体験談

ここからは、夫婦で復縁するためのコツや方法、成功体験談を紹介していきます。

いろんな体験談や事例から、あなたが復縁するための参考になればうれしいです。

1.結婚3年目で別れの危機

私たち2人は結婚3年目で別れの危機が訪れました。

原因は、旦那の海外転勤が決まったときのことです。

その頃私は自分の仕事に精を出していたため、日本に残り自分仕事をしたい気持ちが強く、旦那の転勤先にはついていくためだけに仕事は辞めることができないといいました。

旦那は嫁は一緒についてくるのが普通だと言い、互いの意見が食い違い喧嘩ばかりの日々を過ごしていました。

そうこうしている間に旦那の出張先に行く日になり、私たちは喧嘩状態のまま一旦離れることになったのです。

離婚はしてないもののこのままの冷め切った関係が続くのもとても辛く、実際離れ離れになってみて、自分の中で今までなかった淋しいという気持ちがたくさん溢れて出てきました。

こんな時は正直に自分の気持ちを聞いてもらおうと思い、海外にテレビ電話をしお互いの気持ちを出ました。

私は私で思っている事を話し、旦那も自分が悪かったと謝ってくれたので気持ちがスッキリとし、この険悪な状況をやめようと仲直りができました。

今回の件で、お互い思いやりがたりなかったんだとお互いに学ぶことができました。

今はまだ離れ離れですが、もうしばらくしたら私も旦那に会いに行くつもりです。

2.その都度きちんと解決していきました!

仮面夫婦とまではいかないけど、険悪な雰囲気の時がありました。

子供が産まれた後の事で、自分自身も初めての子供でいっぱいいっぱいになっていたのもありますが、今までにも感じていた、旦那の気がきかない所がやたらと目についていた時がありました。

でも、旦那は旦那で私に思う所があったんだと思いますが、お互いに自分の事しか考えれなくなっていたんだと思います。

でも、子供と楽しそうにしている旦那を見たり仕事から帰って疲れているはずなのに、子供のお世話は楽しそうにしている姿を見ていると、なんだかだんだんと自分の中にあるイライラも消えていきました。

もちろんたまにイライラする事もあるけど、子供に救われたと思っています。

子供がいなかったら、別れていたかもしれないですが、子供がいるおかげで、彼の良いところを思い出させてくれて、きちんとやり直そうと思ったキッカケです。

そこから、きちんと話し合いをしようと私からもちかけて、彼の本音やどう思っているのかを聞ける事が出来てよかったと思います。

それによって自分の課題やこれから気をつける事が分かった気がします。

もちろん、これからもたくさん衝突してしまうと思うけど、そのつどきちんと解決していきたいです。

3.もう一度一緒に暮らしていこうと思っています。

数年前に私が不倫をしてしまい、それっきり夫婦関係は冷え切り悪化する一方で、離婚届まで用意をしハンコも押して妻に渡しました。

しかし妻は頑なに提出を拒んでいました。

お互い態度も横柄になり、言葉も挨拶すら交わさなくなり家庭内別居状態になっていました。

子供もいましたが私が単身赴任という形で実家近くに転職をし家を出ました。

しかし、結婚20年、親よりも過ごしてきた時間が長くなってきている妻の事が気になって仕方ありません。

それまで業務連絡的にしか使わなかったLINEですが、今となっては毎日おはよう から始まり おやすみと言うまで何度もLINEをするようになりました。

もちろん妻と離れるまで口にすらしてこなかった、愛してるって言葉も妻からは まだ返っては来ませんがこちらから発信するようになりました。

最近はお互い寂しいね、って言うようになり、一緒に過ごしている時には全く考えもしなかったお互いの存在が今では必要な存在となっているし、私は改めて家族として、妻として、何よりも一人の女性として愛してしまっています。

家庭でそれぞれだとは思いますが、一緒にいる時にはスキンシップを欠かさないようにし、時には少し距離をとってみることも必要なのかもしれません。

まだ一緒に過ごせていませんが、必ずもう一度一緒に暮らしていこうと思っています。

4.半年間別居状態から復活した実体験

私は結婚9年目の主婦です。

私たち夫婦の離婚の危機に直面したのは下の子を妊娠中の頃です。

その頃旦那は仕事が第一優先で寮に住んでおりワンオペ育児状態でした。

日々の行動や休みの日はずっと眠り続ける旦那に段々ストレスが溜まっていました。

下の子を妊娠しつわりが重かったのもあり自分の中で何かが弾け上の子を連れて実家に帰りました。

その頃の私は旦那と同じ場所に居るのも同じ空気を吸うのも嫌で極力会いたくなく、上の子に会いたがる旦那を遠ざけていました。

旦那には何故私がこのような状態になってるのか全く分かっておらず家を出ている状態にもかかわらず普通に連絡してきていました。

そんな生活が半年も続いていました。

ある日実家に来た旦那に自分の気持ちを全て話し離婚をしたいと伝えました。

その日から何回も話し合い、その度に喧嘩をしお互いに傷つけあっていました。

こんな状態の私達が今もこうして夫婦を続けていけているのはお互いに少しづつですが歩み寄る努力をしたからです。

まずは半年間続けていた実家生活を辞め自宅に戻りました。旦那は少しづつ家族との時間も作ってくれるようになりました。

この出来事があってから夫婦は我慢と忍耐が必要なんだと学びました。

喧嘩をしても次の日まで長引かせないようにしています。結婚生活の中で今が一番安定しています。

これが私の半年間別居状態から復活した実体験です。

5.かなり有効なこの方法を実践して頂きたい

私が、夫婦で復縁するコツとしまして、実施している内容としましては、夫婦の思い出の写真を全てかき集めて見せにいくと言うものでありました。

また、子供がいる場合については、父親と子供で別れた妻の元へ遊びに行くと言うことをするものでありました。

特に子供がいる場合につきましては、かなりチャンスでありました。

子供を引き合いにして、すると、妻としましては、かなり子供に対して会いたがりますので、それを利用して毎回元妻に会いにいくと言う方法で、この方法を実践することで、最初のうちは嫌々元妻としましても、ダルそうにして会いにいくと言う形でありました。

ですが次第に、なんだかんだ言ってやっぱり3人がいいよねと言う形で、いつの間にか元妻につきましても、私の所に訪問しにきてくれるような形で結局は、復縁すると言うものであります。

子供がおられるご家庭につきましては、この方法を利用しやすいので、特に奥さんが家出されて、そのまま離婚してしまったケースにつきましては、かなり有効でありますので、この方法を実践して頂きたいと思いました。

子供がおられない元夫婦関係の方々につきましても、名残惜しい感じであれば、合わせ鏡でありますので、復縁できる可能性があります。

離婚調停中または離婚後に復縁できた方法から夫婦で復縁するコツまとめ

ここまで離婚調停中または離婚後に復縁できた方法や夫婦で復縁するコツまで体験談をご紹介してきました。

さまざまなケースから復縁できる体験談や事例を知ることで、これからのあなたの人生でベストな選択と生活をおくって欲しいです。

この記事を読むことで、復縁で悩んでいるあなたにとって、前向きな行動のヒントになればうれしいです。

\人に相談できない・解決できない悩みを持つあなたへ/

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる