MENU

復縁を絶対に成功させる7つの方法!元カレと復縁する可能性や前兆・期間も!

彼氏と別れてしまったけど、まだ未練があって復縁を絶対に成功させたいとお悩みではありませんか?

  • 元カレと復縁できる具体的な方法があれば知りたい
  • 元カレと復縁できる可能性はどれぐらいあるのか?
  • 元カレと復縁する前兆や期間はあるのか?

復縁の悩みはなかなか人に相談できないこともあったり、自分だけではどうすることもできないこともありますよね。

そこで今回は復縁したいと絶対に思わせる7つの方法から、元彼と復縁する可能性や前兆や期間など総合的な情報をお届けします。

目次

元彼に復縁したいと絶対に思わせる7つの方法(リアルな体験談)

元彼と復縁したいと思ってはいるけど、具体的にどうしたらいいのか分からない人も多いですよね。

そこで今回は元彼と復縁するための具体的な7つの方法について、実際のリアルな体験談からご紹介します。

1.心の整理をつけて自分と向き合う

バイト先で、同時期に働いていた先輩と付き合っていました。

そして、未来は結婚したいと言ってくれました。

けど、仕事の関係で彼はバイトをやめることになりました。

しかも海外に行ってしまい自然と距離ができてしまいました。

まだ幼かった私は、バイト先で彼にも会えないし、プライベートでも全く会えず、電話やメールをしまくる日々。

寂しくて狂いそうな私に対して、彼は一見冷たく連絡もなく見えたのですが、実は私との再会のために一生懸命、仕事で一旗あげようと頑張っていたと言います。

そして数年後、彼は約束通り戻ってきたのです。

戻ってきた頃には、私はあまりに疎遠になってしまった彼との関係は、もう終わったものととらえてました。

だから私は新しい恋や仕事を探すため奮闘しようとしてました。

けど彼は、何食わぬ顔して現れ、気持ちは前と変わってないと言われました。

私も心のどこかでずっと彼が戻ってくることを待っていたので、嬉しさと安心感でいっぱいになりました。

彼はシャイなタイプなので、あまり愛情表現をしないのですが、私はことある度にいつも手紙を書くようにしてました。

付き合ってるときも遠く離れて終わってしまった時も。

それが彼と私の心をつなぐ鍵だったみたいです。

私も忘れた頃に彼に手紙を書くことで、心の整理をつけたり心に向き合えたり。

彼も私の心の声を手紙を通していつも感じてたようです。

振り替えると、これが復縁の鍵だったと思います。

2.当時楽しかった時のことを相手にも思い出してもらう

高校3年間付き合っていた彼と大学進学で遠距離になり、なかなか会えず別れることになりました。

大学卒業後、お互い地元で就職したため会う回数が増え、復縁に至りました。

私たちはお互い嫌いになって別れたわけでなく、別れた後もお互い別の方と付き合いました。

その際の相談等を一異性の友達として一番理解のある彼にしていて、彼も私に相談してくれました。

なので、極力別れたあとも温厚な友人関係を築くのが復縁につながったのではないかと思います。

別れた後は複数人(高校の同級生)で会って二人で会うことは少なかったのですが、大学卒業後に当時の彼と別れて 彼も当時の彼女と別れたのをきっかけに二人で会うようになりました。

やはり、二人で会った時には過去付き合っていた時の楽しかった思い出話や写真を見たりなどしました。

それがきっかけというのもあり、やっぱり好きかもという気持ちがお互いに戻ったんだと思います。

なので復縁したい方は当時楽しかった時のことをお相手にも思い出してもらうのがポイントです。

そして焦らないこと!

告白してほしいのであれば、少し普通の友達とは違う特別感を私は持ってるよっというのを相手に伝わるようにさりげなくアピールできると効果的です。

3.待つだけではなく勇気を振り絞って行動を起こす

私は学生時代、3学年上の彼氏と付き合っていました。

彼は地方出身で、大学進学と共に私の住む大阪へ引っ越しきました。

共通の友人がキッカケで出会い、すぐに意気投合していつの間にか付き合うことになりました。

交際期間も1年を過ぎ、彼が就職で地元へ帰ることになり、しばらくは遠距離恋愛をしていましたが、寂しさとすれ違いから別れてしまいました。

別れてから約1年、私はまだ彼の事が忘れられませんでした。復縁したい気持ちはありましたが、自分から連絡する勇気が出ず、彼からの連絡を待つ日々でした。

だけど、待てど暮らせど連絡が来るわけもなかった為、思い切ってLINEのスタンプだけをポロンッと送ってみました。

すると彼から「久しぶり、どうした?」とすぐに返信がきたのです。

嬉しくて嬉しくてすぐ返事を返しました。

今思えば彼も連絡来るの待ってくれてたのかな?と思います。

そして、連絡を取り合うようになって、次の週末に彼が車で大阪へ遊びに来てくれる事になり、1年以上ぶりに再会しました。

やっぱり会うと好きだなという気持ちが強くなり、復縁したい気持ちが強くなりました。

そして、帰る時間になった頃、車を私の家の近くのパーキングに停めて、車内で少しお話しました。

彼も私と同じ気持ちだったらしく、気持ちを伝えてくれて、復縁することになりました。

後から聞いた話ですが、彼もやっぱり私からの連絡を待っていたらしく、突然私からLINEのスタンプが送られてきたので、嬉しくて舞い上がってすぐ返事を返したそうです。

やはり、待ってるだけでは何も状況が変わらないので、勇気を振り絞って行動を起こすべきだなと思いました。

LINEのスタンプだけ送ってみるのも、アリかもしれないですね。

4.別れてから完全に距離を取って冷却期間を設ける

20代の頃に別れてからもどうしても気持ちが前向きになれず好きな気持ちを引きずったままの元カレがいた時に、自分から行動して復縁までたどり着けた事があります。

現在はすでにお別れしていてその後新しい彼氏も出来ていますが、その時の体験談のお話をしたいと思います。

その男性とは横浜で開かれたオフ会で知り合いました。

その集まりの中で彼と話をする事になり、話も盛り上がり連絡先の交換をしました。

次の日にさっそく2人きりで会う事になり、私の好きなタイ料理屋さんに行きました。

話しているととてと楽しくて私は惹かれていました。

そこからしばらくは友人関係のような状態が続き、食事やカフェに行ってお喋りする関係になりました。  

彼は自分から女性にぐいぐい行動するタイプではないように見えたので、私から告白しました。

すると彼はびっくりした様子で顔を赤らめていました。

その日から少しずつまた距離が近付いていきお付き合いが始まりました。

その後楽しくお付き合いをしていたのですが、彼の仕事で任される仕事が多くなった事や私自身も職場を退職したり、お互いに環境の変化があり、だんだんと関係性に亀裂が入りお別れする事になりました。

それからというもの私は自分のことを頑張ろう、新しい男性との恋愛がきっとあると思っていましたがなかなか彼の事が自分の中で解消する事ができず引きずっていました。

1年ほど時間が過ぎてしまい、このまま新しい恋愛に踏み出せないのなら、試しに彼に連絡を入れてみようと思いました。

別れた時のまま時間を止めたままでいるよりも、前に進みたいと思い復縁とは考えずにメッセージを送ってみました。

連絡してみると彼から返事がありました。

私はメッセージのやり取りなどそんなに続かないだろうと思っていたのですが、その日からメッセージのやり取りが始まりました。

最初はお互い様子見をしている内容でしたが、そこから頻繁に連絡を取り合うようになり、一年ほどそんな関係が続きました。

いつまでこのメッセージのやり取りが続くのだろうと思っていた頃、彼の方から食事に誘われました。

その頃には前のような距離感でやり取りしていたので、久しぶりに会ってみようという気持ちになりました。

約2年ぶりに会った彼はそこまで変わっておらず、話をし始めると前のように話せて楽しめました。

そこから何回か2人でまた出かけるようになり、自然とお付き合いがまた始まりました。

しばらくは楽しくお付き合いが続いてはいましたが、しかし復縁してもその後の関係をどう維持していくかが大変でした。

ちょっとした事があると関係性がこじれやすくて、一度別れた事のある2人なので簡単に別れやすくもあります。

その彼ともまたお別れをする事になりました。

私の経験からすると、復縁するにあたって大事なことは別れてから完全にお互い距離を取ってお互いの存在を完全に消して冷却期間を設けること、復縁したいという気持ちを強く表に出さないこと、復縁できるまでには時間がかかるものなのであまり期待し過ぎず相手との関係性を保つ事、ととても忍耐力が必要になります。

別れた直後から復縁したいと思う人はまずいませんし、相手に対する相当な気持ちがないとこの長期的な期間には耐えられませんので、復縁を目指すかどうかをまずは考えて頂けたらと思います。

一度関係がこじれた2人がまた復縁する事は可能ではありますが、また同じような壁にぶつかりますし2人ともが相当努力しないと復縁後の関係の継続は難しいなと思います。

だけれど、私のように相手の事がずっと頭に残ってしまい新しい恋愛にも踏み出せず、モヤモヤしたまま時間を過ごしているのであれば、一度復縁に向けて行動してみるのも良いかもしれません。

私も今では復縁なんてしなくても良かったかなぁと思ってしまうほどに気持ちがスッキリしていますし、なぜあんなに執着していたんだろうとも思います。

こう思えるのは自分のやれる事はやったし、彼とは一緒にいる事はできないと十分に納得し、気持ちの踏ん切りがついて前に進もうと思えたからだと思います。

それからは彼との事は良い思い出も嫌な思い出も記憶として残そうと思い、自分の事に集中していき、新しい恋愛にも目を向ける事ができしばらくしてから新しい彼氏もできました。

彼の事は好きだったけれど、自分が幸せだと思える男性と一緒にいるべきだなぁと今は思います。

皆さんも一度きりしかないこの人生を有意義に過ごしていくためにも、恋愛でずっと引っかかっている事があるのであれば行動してみても良いかもしれません。

復縁して良好な関係を持続されられれば良いのかもしれませんが、一番大切なことは自分自身の人生を日々楽しんでいく事だと感じます。

その男性と復縁してもしなくても、その次へのステップとして、自分を幸せにするにはどうすべきかを一番に大切にして欲しいなと思います。

5.時間をかけて彼と向き合うことが大切

時間をかけて彼と向き合うことは大切
彼とは高校時代のバレー部の先輩後輩の関係でした。

私はバレー部のマネージャーをしており、彼は強豪校のレギュラーでした。

私が高校3年生の時に彼から告白されて付き合い始めました。 

高校在学中は彼と毎日顔を合わせてコミュニケーションを取ることが可能でしたが、私が高校を卒業し大学に進学すると、部活や進路のことで忙しい彼との生活にすれ違いが生じ自然消滅してしまいました。

彼と再会したのは3年後のバレー部の同窓会でした。

私は参加するか迷いましたが、彼の現在の様子が気になって勇気を出して参加を決めました。

始めは久しぶりに会う彼になんとなしに気まずさを感じており、また向こうもこちらに近寄るような素振りは見せませんでした。

この飲み会に参加した主旨を思い出したこと、またここで話しかけなければ今後彼と言葉を交わすことはないかもしれないと感じ、己を奮い立たせて勇気を持って彼の隣の席に座り、彼に声をかけました。

すると彼は驚いた顔をしたものの私と普通に話をしてくれました。

 同窓会の帰りに彼に家まで送ってもらいながら、「時間がある時ご飯行かない?」と誘いをかけると彼も応じてくれました。

特によりをもどしたい旨を伝えることはせずに、彼とゆっくり時間をかけ絆を深めていき、外でよくご飯を食べていましたが彼の家で彼の好きなものを作ってあげるようにしたり、さりげなく彼の生活に私の存在を感じさせるようなことをやりすぎない程度に行いました。

すると、彼から改めて交際の申し込みをいただき、結婚前提でお付き合いをするようになりました。

彼曰く「自分の生活にぐいぐいと踏み込んでこないで結婚結婚!とせがまれるような行動もしなかったので    逆に気になってしまった」だそうです。

自分としても自然体で彼と接したのが良かったんだと思います。

そして何より時間をかけて彼と向き合うことは大切だと感じました。

6.焦らずに復縁の種を撒きながら自分磨きをしながら待つ

あれははじめての彼氏…。

もう大好きで大好きで彼しか見えなーいという状態だったと思います。

そんな彼にフラれた27歳の春。

その時は彼の前でも泣いたし、嫌だとすがったし、それはそれはひどい有様でした…。

それでも諦めきれなかった私は、計画的に復縁を目指すことにしたのです。

まず引き際が肝心と思い、別れをすんなりと受け入れ、感謝の気持ちを伝えて、とにかく綺麗に別れるを意識しました。

共通の友人がいたのですが、そこは協力を求めるわけではなく、復縁うんぬんよりも感謝しているということを伝えていました。

その後も定期的に会って近況を報告して、その度に彼の事は今でもとても大切だと言い続けました。

もちろん新しい恋を探していると言うことも伝えて、その上でその彼が素敵だと思ってしまう。

いつか、少しでも彼の耳に入ると良いなと思っていましたし、本心でもありました。

あとは彼の誕生日とお正月のみ、自分から連絡しました。

それ以外は絶対にしないと決めました。

これであとは自分磨きと新しい出会いなんかも探しながら過ごしていました。

もちろん他の人とデートをしたりして、自分のダメだったところなども反省しながら日々勉強。

もう復縁のための種は蒔いてありましたし、これ以上はダメだと言い聞かせていました。

別れてから1年半後。

ついに彼から連絡が来たのです。

携帯を持つ手が震えたのを今でも覚えています。

これはもう8割イケるかもと思いました。

でも、そこからも慎重に。

推しすぎず、引きすぎずを意識して数日やり取りをして、食事へ。

その時に彼からまた付き合いたいと言ってもらいました。

私の考える、この復縁のポイントはしつこくしなかったことと、共通の友人の存在です。

この友人は協力するつもりは無かったと思いますが、彼に私のことをたまにサラッと伝えてくれていたようです。

このサラッとが大事だったようです。

その私の話をサラッと聞くたびに、思い出して、別れなければ良かったかもと少しずつ思い始めたそうです。    

再会した後の印象も良かったようで、自分磨きよく頑張った、えらいぞという心境でした。

どうしても彼が良いなら、長期戦で復縁の種を蒔いたら、新しい恋を探しながら推しすぎずに待つのが吉。

7.自分の悪かったところを改善して成長した姿を見せる

元カレとの復縁については、様々な状況が考えられますが、比較的可能性が高いと思われるのが、「自分側に修正可能な落ち度がある場合」です。

これは、元彼が元カノについて、どうしても直してほしい習慣や悪癖があった場合のことです。

恐らくは元彼から別れ際に指摘されることがほとんどでしょう。

キーワードは「~がどうしても許せなかった」や「~さえなければなぁ」などの言葉です。

どうしても否定的な表現であるため、内容を聞きたくないという人も多いでしょうが、復縁を望むほど好きな相手であれば我慢のしどころであり正念場です。

また、元彼が元カノ自身に気づいてほしくて指摘しない場合や、別れ際に傷つけたくないと考えて理由を言わないケースもありますが、その場合も積極的に聞き出すほうが良いです。

別れ際に涙を流すなどの行動が相手の感情を動かし、引き留めることに成功する可能性ももちろんゼロではありません。

しかし、ネガティブな精神状態から生まれるのは、ネガティブな言葉である場合が多いです。

その結果、それまでがどれだけよい関係性だったとしても最終的な印象をマイナスにしてしまう危険性が高いです。

それに対して、自分の悪かったところを聞き出し、改善しようとする姿勢は別れ際の場面であっても、これからの関係性についても前向きである印象を持たれやすいです。

重要なのはその指摘の内容が修正可能であるかどうかです。

仮に元彼が気にしているのが、体質や家柄などの問題であるとするならば、それは個人の力では修正不可能であり、元彼がそれらを重視するのであれば復縁の可能性は限りなく低いです。

しかし、言葉遣いやお箸の持ち方などのマナーや嫉妬深い性格などの表面的な問題は修正が可能です。

仮に完全に直すことができないという場合でも、少なくとも付き合っていたころから、改善した姿を見せることは可能です。

この元彼からの指摘が修正可能かそうでないかは、復縁を目指すか諦めるかの指標にしやすいです。

そういった点でもやはり、別れ際には元彼に自分の悪かったところを聞くのは重要であると言えます。

そして、元彼へ指摘された部分を改善したことは直接的には伝えないほうがよいです。

可能であれば、共通の友達経由で伝わるようにして、それができないのであればSNSなどの投稿で気づいてもらえるようにすべきです。

せっかく改善できても、復縁が目的のアピールと思われてしまえば、かえってしつこいと拒絶されてしまいかねません。

あくまでも自発的に成長したのだと思わせることがポイントです。

復縁成功のための可能性・期間・前兆は?

復縁を成功させる方法について解説しましたが、実際に復縁成功するための期間・可能性・前兆なども気になるところですよね。

そこで復縁成功をする上での補足として、それぞれ解説していきます。

復縁成功のための可能性・期間とは?

復縁の成功率は時と場合によりますが、概ね20%以下と言われています。

この数字を見て低いと感じるかもしれませんが、これは何もしなかったときの場合です。

実際は復縁するために行動していれば、この数字は変わってきます。

また、復縁成功の期間はある程度の期間を空けたほうが、成功確率が上がります。

最低でも3ヶ月は冷却期間を置いて、冷静になって行動できるようにしたほうがいいです。

復縁成功のための前兆とは?

復縁が成功する際には、いくつかの前兆があることが多いです。

例えば、LINEでスタンプだけを送ってみたら、スタンプで返してくれるとか。

他にも、向こう側から些細なことでも連絡が来るようになるとか、前兆があったときは見逃せないようにしましょう。

そこで焦って行動しても失敗してしまうので、あくまでも冷静に確実に行動していきましょう。

復縁成功する方法のまとめ

ここまで復縁したいと絶対に思わせる7つの方法から、元彼と復縁する可能性や前兆や期間など総合的な情報をお届けしました。

復縁をするときに大事なことは、焦って相手に迫ったりなど、急いで行動しないことです。

心に余裕を持ちながら、復縁することだけに頭がいっぱいにならずに、自分を磨きながら復縁活動をしていくといいですね。

これがすべてではありませんが、ぜひ参考にしつつ復縁を目指してください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる