MENU

失恋してから復縁できた5つの体験談を紹介!振られたのに復縁できた奇跡の6つの復縁方法も

失恋または振られたのに復縁できた人からリアルな体験談を聞きました。

どのように失恋から関係修復して復縁できたのか、恋人での復縁するためのコツを紹介しています。

  • 失恋後でも復縁できる方法が知りたい
  • 復縁するための過程やコツは?
  • 振られたのに復縁するための成功体験談を知りたい!

この記事では、一度別れた恋人同士をどのようにしたら復縁できるか、カップルが復縁するためのコツなど、リアルな体験談を紹介していますので、当サイト:シュガスパが調査した恋人同士の危機を乗り越えるための復縁方法や復縁のコツまで、リアルな生の声をご覧下さい!

目次

失恋してから復縁できた5つの体験談

失恋後に復縁できた方法や成功体験談を紹介していきます。

恋愛に失敗してからでも復縁できる方法やコツを、ぜひチェックしてみて下さい。

1.別れてから心にぽっかり穴が空いてしまった

私が彼と出会ったのは高校二年生のときです。

その時私はコンビニでバイトをしていました。コンビニでバイトし始めて1年経った頃彼と出会いました。

新人だった彼に仕事内容を教えていました。

そこからプライベートの話を少しづつするようになり、バイトの休みの時に出かけたりしました。連絡を頻繁に取っていくにつれてお互い惹かれ合い無事付き合うことが出来ました。

付き合ってみるとすごく楽しかったです。バイトが休みの日はお出かけしたりバイト終わりに迎えに来てくれたりしました。

しかし喧嘩になってしまった時に

「俺は優しくて笑顔な子が好きだけどそれがないよね、服装も全然俺好みじゃないし髪長くてミニスカート履いてる女の子が好みなんだ」と言われました。

私を彼の理想に近づけるように頑張りましたが、彼は私のどこが好きで付き合っているんだろうと思いはじめ私から振りました。

ですが、別れてから心にぽっかり穴が空いてしまったようになりました。ご飯も食べれなくなり、夜も眠れなくなりました。

そして彼に連絡をしました。「振ってしまって後悔している。またあの時みたいに一緒にいたい。」と言いました。

そしたら彼は「俺も嫌いになることは出来ない、また思い出作ろう」と言ってくれました。

最初から彼のことをもっと知っていれば良かったなと思いました。

2.連絡をしようとしたのですが、やっぱり何度もやめた結果・・・

私が失恋をしたのは、25歳の時でした。

その時、彼と私は同棲をしていたのです。ところが、その途中で振られてしまいました。
それは、二人の時間のスレ違いです。彼は大学生だったので、時間がたっぷりありました。

私は仕事をしていたので、時間がなかったのです。

仕事仕事で、毎日忙しくしていたのです。いつもだいたい家にいるのは彼のほうです。

しかしふたりはうまくいっていると思っていたのです。

そんな時、彼が就職を失敗して実家にしばらくかえることになりました。

その時も、振られることは全く感じていなかったのです。

ところが数日後に、別れて欲しいと連絡があったのです。

どうして別れることになったのか、そのときは全く理由としてわかりませんでした。

しかし後から思うと、私に対して劣等感を抱いていたのだろうと思うことがあります。

振られてしまい、愕然としてその後はしばらく何もできないほど憔悴していたのです。

連絡をしようとしたのですが、やっぱり何度もやめました。

そんな時、彼から連絡がありなんとなく元に戻りました。

コツとしては、やっぱり振られた方は連絡をしないほうがいいと思います。

連絡をせずに、彼の気持ちが落ち着くまで待っているといいと思いました。

3.お互い謝って復縁できた方法とは?

私は彼氏ができると、最初は彼氏のためなら何でもする!

という感じでとても献身的なのですが、2、3か月もすると

今度は、「なんで私はこんなに尽くしてるのにあなたはなにもしてくれないの?」と思ってしまう支離滅裂なタイプでした(笑)

そのとき付き合った彼氏とも、最初はラブラブで楽しい毎日を送っていたのですが、時が経つにつれて、私はワガママになり、彼氏に怒りをぶつけるようになりました。

最初は優しく謝ってくれていた彼氏も、だんだんと「またか、、」という表情になり、喧嘩に発展してしまうことが多くなりました。

ある時彼氏が、「もう無理!!別れる!」と言い出し、その顔があまりにも恐しく、本気だったので、私はハッとしてものすごく謝りました。

そして許してもらいましたが、時が経つと同じことをしてしまい、また、彼氏が別れると言い出す→私が謝る→仲直り の繰り返しで、

ついに、彼氏から「もう本当に無理!」言われ、とうとう本当に別れることになってしまいました。

私は泣きながら、心から謝り続けましたが、彼氏の決意は固く、何を言っても無駄な状態になりました。

そこからは、メールも電話も出ない、家に行っても出てこないで、本当に嫌われてしまったんだと私は死ぬほど落ち込みました。

1か月くらい毎日連絡してみましたが、彼から返信が来ることは一度もありませんでした。

そこで本当にもう駄目なんなんだ!と理解して、連絡することをやめました。

そう、これこそが、復縁のコツです。

連絡しない、姿を見せない。これが鉄則です。

私は意識してやったわけではありませんでしたが、これが功を奏しました。

別れてから2か月くらい経ったころ、いきなり彼氏から連絡が来ました。「元気?」と。

私はびっくりして嬉しい反面、なぜかとても冷静でした。嬉しさが滲みあふれるような内容ではなく、あくまでも”元”彼女というスタンスで、

友達のような感じでやりとりをしました。

すると、2日おきくらいに彼氏から連絡がくるようになりました。

そして、週末に食事にいくようになり、3回目に食事に行った時に、お互い謝って復縁することができました。

4.自然な流れでその日のうちに復縁することができた

学生時代から約8年付き合った彼氏に振られ、しばらくは毎日メールを送り続けました。でも完全に無視され、半年ぐらいして一度諦めました。

ただ、彼のお誕生には毎年欠かさずメールをしました。

内容は「おめでとう」「元気にしている?」など当たり障りないのもので、未練がましいことは書かないようにしていました。

あと、付き合いが長かったのもあり、元カレのお母さんとも接点があったため、お母さんには毎年年賀状を送っていました。

それも細く長く彼とつながる方法の1つになっていたようです。

後から彼に聞いた話では、お母さんから私の近況を聞いたり、またあの子(私)と付き合ってほしいと言われたりしていたそうです。それでも別れてから3年ほどは音信不通でした。

めげずに、年に1、2回は重たくなくて、かつ相手のこと(健康のこと)を気遣った内容のメールを送るようにしていました。

すると3年を過ぎたある日、ぽつっと返信がきて、お互いそのときに付き合ってる人がいなかったため、ランチすることになったのです。

会うのは久しぶりだけど、会うとかつてのようにすんなりと心の距離は縮まり、その日のうちに彼の家に招いてもらうことができました。

あとは自然な流れでその日のうちに復縁することができました。地道なメール活動が良かったのだと思います。

5.自分にとって一番の理解者だと気づいた

当時大好きだった彼氏にフラれて、本当に人生で一番どん底になりました。

どう考えても彼以上に好きになれる人はいないと思っていたので、どうしても次の恋愛に踏み込めずにいました。

それから私は友人として彼と接することに決めました。

完全に会わないでいると、もう復縁できるチャンスは限りなく低くなると思ったからです。

まだ吹っ切れていないことは彼には伝えずに、自然に振舞っていましたが、彼に彼女が出来たりしました。

本当に地獄でした。でも辛いのを見せないようにして、彼の相談事などを親身に聞いていました。

彼女の愚痴もです。[彼からの信頼]を得ようとしたからです。

決して彼女の悪口などは言わずに、本当は心の中は嫉妬心でいっぱいでしたが、とにかくいい人を演じて、いつでも彼の味方でいることを徹底していました。

次第に彼は、悪口を言わない私と、喧嘩をする彼女を比べるようになり、余計に彼女との喧嘩も増えていったそうです。

半年くらいそんな関係を続けていたらとうとう彼女と別れて、私のところに戻ってきました。

後に彼が言っていたことは、いつも味方になってくれて、いつも友人としてそばにいてくれて、自分にとって一番の理解者だと気づいたからだそうです。

振られたのに復縁できた奇跡の体験談6つを紹介!

ここからは、恋人に振られたが復縁するためのコツや方法、成功体験談を紹介していきます。

いろんな体験談や事例から、あなたが復縁するための参考になればうれしいです。

1.復縁のコツは「初心に帰る」というのが非常に重要

高校時代から大学生時代に交際していた彼女の話です。

当時交際していた彼女とは中学の同級生でした。

その方とは中学時代は比較的仲もよく、休みの日には何人かで遊びに行ったりしていたのですが、当時は全くお互いを異性としてとは見ていませんでした。

中学を卒業し、お互い別々の高校で入学当時はあまり連絡を取っていなかったのですが、最寄り駅も同じだったのでたまに会う機会がありました。

高校時代はお互い部活に入っていて他愛のない話をしていて、お互いの好きなアーティストのライブに行こうということになり、ライブに一緒に行ったことがきっかけとなり間もなく交際が始まりました。

学生の1日はあっという間に過ぎていくものでお互いあっという間に大学生になりました。

お互い環境が変わった影響か、その頃から些細な事で喧嘩が増えていき距離を置いて別れようということになりました。

お互い好きだったアーティストのライブチケットは人気も出てきたのでなかなかチケットが取れない状況になっていましたが、なんと整理番号もかなりいいチケットが当選しました。

別れた時から私はまた付き合いたいと思っていたのでさりげなく「チケットが当たった」と連絡をしたところ、彼女も応募していたが外れたと返事がありました。

そこで「このチャンスを逃すわけにはいかない!」と思った私はせっかくだからと一緒に行くことにしました。

本当に運がいい時は重なるもので、ライブ中もお互いが好きな曲付き合うきっかけとなった曲などがたくさん流れ、結果的にそのライブをもって復縁することになりました。

その経験より復縁のコツは「初心に帰る」というのが非常に重要だと感じました。

付き合いたてのなんでも楽しい時期に経験したことは何年経っても忘れられない思い出として残ってます。

それと同じような体験をもう一度することによって言うならば思い出補正によってさらにきれいな思い出として見えてくると思います。

サプライズなどでもきっと喜んでくれると思いますが、サプライズなどは相手の好みもあるので非常に難しいと思います。

ですが、一緒に経験した楽しい思い出であれば失敗することはほぼ無いといっていいと思いますし、特に音楽はいくつになっても自分の最高の思い出として残っていると思います。

そういった共通の思い出を使い初心に帰るというのが復縁のコツだと思います。

2.彼から連絡がきて復縁しました!

学生の時に、彼の都合で2度振られました。

1度目は彼が勉強や委員会の役割で忙しくなり、キャパオーバーしたため、誰とも連絡をとりたくない、との理由から振られました。

その理由に納得ができず、自分から積極的に連絡をとっていましたが、嫌がられたため、自分の感情を押し殺して距離をとりました。

結局、役員の仕事などが一段楽し、彼の気持ちに余裕ができたときに、彼から連絡がきて復縁しました。

2度目も同じような内容で振られたため、もう2度目はない!と思い、2度と会えないように彼の連絡先を削除したり、彼からもらったものを処分したりし、自分の中から彼の存在を消すように努力をしました。

自分から距離を置き、あなたに振られても私は全くダメージを受けていない、というように振舞うことで少しずつ彼からアプローチがくるようになりました。

会いたいと言われても会う理由がない、と拒絶をしていましたが、少し時間がたったところで会うことに。その際にもうこのようなことはしないとプロポーズされました。

最終的に彼とは復縁し、結婚をしました。

もう2度とあのようなことが起きないように、彼がいっぱいいっぱいになった際にはすこし距離をおくようにしています。

私の場合は彼の勝手な都合で別れを告げられたため、彼が落ち着くまで放っておく、という手段が復縁に繋がったと思います。なぜ破局してしまったのか、その理由が復縁をするにあたって大切だと感じます。

3.諦めずに思い続けたことと、良いタイミングでメールを送ったこと

高校生の頃、片想いをしていた相手に告白をするもあっけなく振られましたが、後に復縁できたという私の体験談です。

片想いの相手とは、高校1年生の時に同じクラスでした。告白したのもその頃ですが、振られてすぐに2年生になってクラスも離れ、顔を合わすことが減っていきました。

気まずさがなくなって気楽に感じる反面、告白してから数ヶ月が経過しても、私はその彼のことをなかなか忘れられずにいました。

たまに廊下などでばったり会うことがあっても、以前のように気軽に話すこともできず、私は寂しさを感じていました。

その頃修学旅行を控えていたため、何か話題のきっかけになればいいなと思い、久しぶりにメールを送ってみることにしました。

彼はすぐに返信をくれて、しばらくは近況報告で盛り上がりました。

そのうち、彼の方から電話をしてもいいかと聞かれ、電話に切り替えたところ、実は私に告白されてから気になっていたこと、でもクラスも離れてしまって話すに話せないことなどを教えてくれました。

私は驚いて、「今もう一度〇〇くんに告白したら、OKしてくれる?」と聞いてみました。
彼は「100%OKするよ!」と言ってくれ、晴れてお付き合いが始まりました。

一度振られてしまっても、告白されたことで意識して貰える可能性があることを始めて知りました。

諦めずに思い続けたことと、良いタイミングでメールを送ったことが、結果として復縁に繋がったと思います。

4.心の奥に彼への気持ちを押し込んで気づかないふりをしていた

専門学生の時に付きあっていた同い年の彼氏がいて、私と彼は同じ専門学校に通っていました。

付き合って3か月が過ぎたときに彼の気持ちが冷めてしまったようで、振られてしまいました。

しかし、その二か月後に私から告白して復縁に成功しています。

振られたときの私はまだ彼のことが大好きで別れるなんて考えられませんでしたが、ここで駄々をこねて面倒な女だと思われたくなかったので、潔く受け入れました。

その当時は悲しくて仕方ありませんでしたが、この行動が復縁につながっていたと後から分かったのです。

フラれた後、学校の中でお互いの姿を目にすることはありましたが、決して話しかけたり連絡を取ることはありませんでした。

勉強とバイトが忙しかったこともあり、そちらに力を入れることで彼のことを考えないようにしていました。

そのまま時間が経過しておよそ二か月たった頃、音沙汰のなかった彼から連絡がきたのです。

内容は、もう一度私と会って話をしたいとのことでした。

心の奥に彼への気持ちを押し込んで気づかないふりをしていた私は、この連絡がきっかけになって再び好きな気持ちがよみがえってしまい、彼と会うことにしました。

彼が運転する車で夜のドライブに行くことになり、久しぶりの会話とは思えないくらい彼との時間は落ち着くものでした。

そこで我慢できなくなった私がもう一度付き合わないかと話を持ち掛けると、彼も同じ気持ちだったと了承してくれて復縁に至りました。

なぜ復縁をしたい気持ちになったのかを彼に聞くと、別れて私と全く関りが無くなると急に寂しくなって、やっぱり必要な存在だったと感じたそうです。

また、別れ話をしたときに私があっさり受け入れたので、その態度にも寂しさを感じて少し焦ったと言っていました。

もしもまだ好きなのに別れ話をされてしまった時は、さらっと別れを受け入れることで復縁しやすい方向にもっていくのも作戦の一つかもしれませんね。

5.振られたのに復縁ができた復縁方法は・・・

振られたのに復縁ができた復縁方法は、私が振られた後にしたことは、

「俺はなんてもったいない相手を手放してしまったんだ」

と相手に深い後悔をさせることです。

そのために、まずしなかったことがあって、しなかったことというと、振られた後は泣いたりすがったりしつこく追いかけないことです。

別れ際は、「悲しいけど、あなたが別れたいというのであれば仕方ない。

お互い幸せになろうね。」と去り際を悪い印象を与えないことです。

これは本当に大切だと思っていて、男って追われるよりも追いたがる生き物だと思うんです。

なので、別れ際はすぐにこちらから復縁を求めたり、泣いて別れたくない!などはやめた方がいいと私は思います。

次にしたことは、まず自立をして、自分の趣味を楽しんだり、友達と遊んだり、女子力を磨いて綺麗になることです。

キラキラしている女性はやっぱり美しく、魅力的に見えますよね。

私もそんな風に友達に言われて、失恋をまずは忘れて、楽しむようにしました。

すると、別れた彼は後悔をしたようです。

しばらくして連絡が来ましたが、「元気にしてるよ」と余裕の返しをしました。

すると向こうから寄りを戻したいと必死になってきました。

その後少しじらして、何度か食事に行って、また復縁することができました。

6.元カレからの連絡で、失ってから大切さに気づいたと言われた

私は高校三年生の時に、社会人の男性とお付き合いをしました。

地元が一緒で彼からのアピールで付き合うことになり、とても優しく尽くしてくれる彼でしたが、付き合いが長くなっていくうちにお互い不満が溜まってきて、私が爆発してしまい喧嘩になりました。

その間にも何回か喧嘩はしましたが、この喧嘩で彼が限界を迎えてしまい、彼から「もう無理。別れよう。」と言われてしまいました。

しかし、私は喧嘩したり不満があったりしても、彼が本当に大好きでした。

なので、嫌だと話し合いをしようとしたのですが、彼は話をするのも嫌になってしまったのか、音信不通になってしまいました。

しばらくの間、私は落ち込み、友達に相談したりもしましたが、音信不通になってしまった以上、復縁は難しいんだなと思い諦める気持ちになりました。

前を向こう。新しい恋をしようと。と思い、出会いを求め友達に紹介してもらったりなどして、1人の素敵な人と出会いました。

その彼とは仲良くなり、友達以上恋人未満のような状態になっていて、でも彼からの付き合おうとかのアプローチはなく、私もどうしていいのか…と悩んでいました。

でも、これが新しい恋なのかなと楽しい気持ちもあったのでウキウキしていること、今仲良い男の人が居ることを自分のSNSに頻繁にあげていました。

元彼は私のSNSを知っていて、それを見ていました。

それを見ていたからか、元彼からの突然の連絡。

私は驚き、連絡をしていくうちに、元彼からやり直したいと言われました。失ってから大切さに気づいたと言われたのです。

私は前を向いていたつもりでしたが、その元彼の事が本当に大好きだったので、その一言で気持ちが引っ張られ、元彼ときちんと話し合い復縁をする事ができました。

コツとは言えるか分かりませんが、引きずりすぎてしつこく相手に復縁を迫るよりも、お互い冷静になれる時間を持ち、前を向こうとすると良い方向にいくのではないかなと感じました。

失恋または振られた後に復縁できた方法・体験談のまとめ

ここまでは、失恋または恋人に振られた後に復縁できた方法や復縁するコツなどの体験談をご紹介してきました。

さまざまなケースから失恋してから復縁できる体験談や振られても復縁できる事例を知ることで、元恋人に対して積極的に行動できる勇気がもらえたと思います。

この記事を読むことで、元恋人と復縁できるか悩んでいるあなたに、前向きな行動のきっかけになればうれしいです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる